ホームページ内容を伝えるだけの手軽さ

ITの知識が無くてもOK、制作の目的やコンセプトを伝えるだけ

ホームページ制作は非常に専門的知識と特殊な技術が求められるお仕事です。そのため、一般的な企業や個人経営のお店は、サイト制作をプロへアウトソーシングします。一見すると高そうに見えるホームページ制作代行のサービスですが、実はコストパフォーマンスが抜群です。シンプルな内容であれば、短期間かつ低コストで制作を代行してもらえます。勿論依頼する側は、ITの知識が無くても全く問題はありません。口頭や書面などで、希望するホームページの内容を伝えるだけでOKです。実際に依頼する経営者や企業の広報担当者が、ホームページの設計図を考えたり、デザインやレイアウトをゼロから考案する必要はありません。ただ担当者に質問された時、素早く対応出来るように、基本的なコンセプトや目的だけは前もって用意しておきたいところです。

完成予想図を用意して打ち合わせをした方がイメージ通りに

ホームページ制作の作業自体は、プロのデザイナーにアウトソース出来ますが、希望通りの内容に仕上げてもらいたい場合は、予想図を描いたスケッチなどを提供するのがオススメです。絵心がなくても大丈夫です。ホームページの画面を簡単に描いたメモ書き、スケッチを渡す事で言葉では伝えにくい事項や曖昧なイメージなども、依頼者と制作会社のスタッフの間で共有出来ます。会社にイメージカラー、組織としてのポリシーやキャッチコピーや世界に向けて発信したい理念やメッセージがあれば、それも完成予想図に挿入しておきたいところです。トップページに掲載するイメージ画像やマスコットのイラストなどがあれば、ホームページ制作を請け負うスタッフ側もレイアウトを考案しやすくなります。