どのくらいの間隔で行えばいいの?

放置するにしても年一回はページの表示状態を確認しよう

ホームページを運営する場合、適度な間隔でメンテナンスを行うことが重要です。立ち上げた状態でずっと放置していると、知らない間にデザインが大きく崩れたり、あるいはページ全体が表示されずに真っ白になるといったことがあり得るからです。なぜ、そのようなことが起きてしまうのかというと、まず挙げられるのがサーバーで使用されているプログラムのアップデートです。
アップデートされると、ホームページに組み込んだスクリプトが非対応になってしまい、そのスクリプトが表示していたデザインが出力されなくなってしまうということがあり得ます。そのため、見た目が崩れたり、真っ白になるのです。このようなことは数ヶ月程度の短い間隔では発生しにくいですが、少なくとも一年ごとにはきちんと表示されているか確認しておいた方が安心でしょう。

ページの乗っ取りを防ぐためには月一回アップデートをチェック

ホームページを長期間放置していたら、知らない間に、まったく違うデザインと内容になっていたというのもわりとあるケースです。CMSやブログに脆弱性があったにもかかわらず、なんの対処もしなかったので乗っ取られてしまったのです。乗っ取られてしまうと、多くの場合、管理画面にアクセスするためのIDとパスワードも変更されてログインできなくなってしまうので、サーバー上のファイルをすべて削除し、一から作り直すしかありません。
脆弱性が見つかるタイミングは様々なので、できれば月一回は管理画面にアクセスしてアップデートの有無を確認しておきたいところです。どうしてもそれが難しいという場合、ツールによっては自動アップデートが可能なので必ず設定しておきましょう。